ブライダルリングのルーツ | 究極のパワーストーン 完全反射の輝き アルカダイアモンド            

TOP > ダイアモンドについて > ブライダルリングのルーツ
体験会のご予約はこちら。受付時間10:00〜18:00。お電話番号は0120-804060
セミナーのご予約はこちら。
商品に関するお問い合わせは084-928-8333 受付時間10:00〜18:00
採用情報
リクナビ2018
アクセス
マンガで読める アルカダイアモンドヒストリー
ご購入者様 ご感想・体験談募集
資料請求
メールマガジン登録
アルカディア研究所

ブライダルリングのルーツ

その高い癒やし効果からパワーストーンとして注目されているダイアモンドは、ご存じの通りブライダルの場でも高い人気を誇ります。例えば、エンゲージリングは男性から女性へ「愛の証」として贈られ、マリッジリングは二人の「絆の証」として贈られるように、男女の心を繋ぎとめてくれるのがブライダルリングです。ここでは、そんなブライダルリングのルーツに迫ってみたいと思います。

結婚指輪として注目された理由

指輪は「アクセサリー」としての認識が強く、元々はパワーアイテムとして古代エジプト時代から人々に親しまれていました。これが古代ローマ時代になると、現在のような「男女の結婚の証」として交換されるようになりました。そしてさらなる月日を経て9世紀になると、当時のローマ皇帝ニコラウス一世が、誓いの儀式に「鉄の輪」を贈りました。これが、マリッジリングの原点だとされています。 なお、現在の結婚式では「指輪交換」が恒例となっていますが、これは13世紀頃のヨーロッパ全土で広まったとされています。当時は花嫁には金の指輪を贈り、花婿には鉄の指輪を贈り、永遠の愛を誓い合っていました。現在のようなダイアモンドが使用され始めたのは、15世紀以降だとされています。このように世界では早々と「結婚指輪」という文化が浸透していましたが、日本では明治時代になってからマリッジリングの習慣が広まりました。

薬指にはめる理由

マリッジリングは左手の薬指にはめるのが一般的とされており、今では既婚者を見分ける指標ともされています。左手薬指にはめられるようになった由来は、ギリシャ神話にあります。 古代ギリシャでは、人間の感情は心臓が司っており、左手の薬指は心臓に繋がる血管があると信じられていました。左手薬指に指輪がはめられるようになったのは、心臓=相手の心を掴み、結婚の誓いをより強いものにしようとしたためなのです。 これはエンゲージリングも同様で、神聖な意味合いを持つ左手の薬指にはめるのが一般的とされています。こうしたブライダルリングは、古来より男女の心・愛を結び付け、これからも私たちには欠かせないものとなるでしょう。

癒やしのダイアモンドをお求めの方へ

広島県福山市に本社を構えている当店では、世界最高峰の研磨技術によって磨かれた奇跡のダイアモンドであるアルカダイアモンドを取り扱っております。癒やしのダイアモンドを手に入れたい、自分と相性抜群のダイアモンドを手に入れたいとお考えの方は、お気軽にご相談ください。

”あなたを「変える」アルカダイアモンドとは”

アルカダイアモンド体験会はこちら アルカダイアモンドセミナーはこちら 資料請求はこちら